遺品整理の費用を最小限に!安くするためにできること

遺品整理の費用を安くするコツとは?簡単な費用の抑え方

遺品の片付けで悩むこと

故人の遺品を整理する上で「遺品整理」か「不用品回収」のどちらの業者に任せるか迷うこともあるでしょう。遺品整理と不用品回収、どちらも遺品の片付けには対応してくれますが、それぞれでサービスや料金に違いがあります。

遺品整理と不用品回収の違い

遺品整理

遺品整理とは故人が残した品物を仕分けや形見分けするサービスです。対象となる場所はあくまでも故人に関わる場所なため、一般的なサービスとしては利用できません。遺族のケアもサービスに含まれており、心を込めた親切なサポートをしてくれます。

不用品回収

一方、不用品回収は文字通り、不用品になった物を回収・処分するサービスです。回収・処分のみになるので、仕分けや形見分けは遺族間で行なう必要があります。不用品回収はリサイクル買取にも対応しているところもあり、費用が安いというのが魅力です。

遺品整理の費用を最小限に!安くするためにできること

ダンボール

ゴミはなるべく自分で処分する

遺品整理を芦屋にあるどの業者に依頼するにしても、処分する不用品の量が少なければ少ないほど、費用負担が大きく軽減されます。ご自身で不用品と判断したものやゴミは自分で処分しましょう。自治体が運営する廃棄物処理施設に直接持ち込めば、費用をグッと抑えることが可能です。

作業員

家電はリサイクルショップへ

2001年に施行された家電リサイクル法によって、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などは自治体で回収することが規制されています。これらの家電は処分費も高いので、リサイクルショップで買取するようにしましょう。買取なら処分費もいらず、品質や状態、型番が良ければ、逆にお金がもらえます。

部屋

ネットの買取サービスを利用する

傷や汚れがほとんどない家具家電はネットの無料買取サービスを利用するのもオススメです。買取サービスは自宅で段ボールに詰めて宅配業者に依頼するだけで、後は査定から入金までネット上で済ませることが可能です。家具家電のジャンルも幅広く対応しているので、お気軽に利用するといいでしょう。

ココがポイント!

できるだけ費用を抑えて遺品整理をする際には、全て業者に任せておくというスタンスは止めて、出来ることは自分で行なうことを心掛けるといいでしょう。ちょっとした手間暇をかけるだけでも、料金を大きく下げることが可能です。

広告募集中