遺品整理における注意点!片付けるときに気を付けよう

遺品整理はトラブルがありがち!リスクを回避するために

遺品整理における注意点!片付けるときに気を付けよう

手

親族とのトラブルに注意

遺品の中に価値が高いものが合った場合など、その相続について親族間でトラブルが発展しやすいです。遺品の取り扱いは家族・親族に相談することはもちろん、弁護士や遺品整理業者など、第三者にも相談するようにしましょう。特に、資産価値がないものは身内で協議した上で決めていくといいです。

部屋

悪質業者の存在に注意

芦屋エリアで遺品整理に対応してくれる業者の中には、悪質業者が少なからず存在しています。悪質業者にあたってしまうと貴金属や金品などの盗難も考られ、なおかつ高額請求される恐れもあります。故人や残された遺族のためにも、業者は慎重に選ぶようにしましょう。

遺品整理で困るものベスト3

ダンボール
no.1

写真・アルバム

遺品整理の時に困ったとの意見も多い「写真やアルバム」。思い出のものは、数多く残していることもあります。処分しづらいものの1つですが、写真やアルバムはデータ化して保存しておくといいでしょう。

no.2

書籍

読書好きな高齢者は、多いものです。そのため、愛読家は沢山の書籍を所有していることもざらです。遺族の方が読書好きなら残しても問題ありませんが、不要だと判断したなら思い切って処分するといいでしょう。

no.3

趣味の道具

故人が趣味で使っていた道具やコレクションは、置き場にも困りますし、処分にも困る遺品でしょう。もし、同じ趣味を持っている人がいれば、譲るといいですが、いなかった際には買取してもらうようにしましょう。

広告募集中